バケット|医師が教える冷え性対策|食べ物編|お風呂編|寝る前編|おすすめの「3・3・3入浴法」

美容

2020年12月8日の日本テレビ系列『バケット』では医師が教える冷え性対策が放送されました。教えてくれたのは、しょうが健康法のスペシャリスト、イシハラクリニック副院長の石原新菜先生です。今回は冷え性対策をご紹介します。

スポンサーリンク

バケット|医師が教える冷え性対策|食べ物編|お風呂編|寝る前編|おすすめの「3・3・3入浴法」

基礎編:冷え性対策として温めた方がいい身体の部位は?

●首
●手首
●足首

3つの首には皮膚が薄くて太い動脈が近くをめぐっているので、3つの首が冷えてしまうと血行が悪くなり、熱が奪われてしまいます。

マフラーや手袋、靴下やレッグウォーマーなどで温めるのも有効です。



食べ物編:体を温める効果が高いのは生のショウガ?加熱したショウガ?

加熱したショウガ
しょうがに含まれるショウガオールは血流を良くして体を温める作用があるそうです。
食品医学研究所の研究結果によるとショウガを100度で一時間加熱するとショウガオールが3倍
になるそうです。

蒸ししょうがの作り方

①洗って皮ごと1~2mmにスライスする。
②100℃に温めたオーブンで1時間半蒸し焼きにする
③乾燥させてフードプロセッサーなどで粉末にする。
容器に入れると3か月ほど持つそうです。
味噌汁、うどん、そば、スープ、ココア、紅茶などにかけてもOK!

お風呂編:体がより温まるお風呂の入り方は?ぬるめの半身浴?熱めの全身浴?

ぬるめのお湯に20分 半身浴
熱めのお湯に3分×3回 全身浴

正解は!

熱めのお湯に3分×3回 全身浴
身体が冷え切っている人は38℃だと低すぎていつまで経っても温まらないそうです。
短い時間でも、40~42℃の熱めのお湯に肩まで浸かることで身体全体が温まります。

効果

①末端まで温まりやすい
②静水圧作用
身体に水圧がかかり、手足などにたまった血液が押し戻され、血行が良くなって身体が温まります。
湯冷めもせず、夜もぐっすりよく眠れます。



体の芯まで温まる「3・3・3入浴法」

①かけ湯をする
②40~42℃のお湯に3分肩まで浸かる
③出て3分休憩(髪を洗うなど)
④再び3分肩まで浸かる
⑤出て3分休憩(体を洗うなど)
⑥仕上げに肩まで3分浸かる
体に負担がかかる入浴法なので心臓、呼吸器の悪い方は医師に相談してください。
また、高齢者、妊娠中の方は行わないでください。

寝る前編:寝る前に最もやってはいけない事とは?

スマホを見る
体を冷やさないためには、腸の血行が大切だそうです。
腸と脳は神経系で繋がっており、スマホやパソコンが発する光の影響を脳が受けると、腸の血行が悪くなり、冷えてしまうそうです。
その為、寝る前はスマホを見ず、リラックスした時間を過ごすことが腸の冷え対策になります。
腹巻きをして体を温めることも有効だそうです。

石原新菜先生の書籍紹介

まとめ

医師が教える冷え性対策をご紹介しました。
  • 3つの首を温める
  • 蒸しショウガを食べる
  • 熱めのお湯に3分×3回全身浴
  • 寝る前にスマホは見ない
改善しなければ医師に相談してくださいとのことです。
こちらも合わせてご覧ください。
お風呂ダイエット|話題の高温反復入浴法で痩せる人が続出!やり方と効果、注意点
今回は痩せると話題の高温反復浴をご紹介します。 半身浴よりも効果が高く、最近美容家の間で注目されています。運動が苦...
ZIP|最新睡眠グッズ【爆売れマットレス・SNSで話題抱き枕・快眠ぬいぐるみ・おやすみスピーカーなど】
2020年12月8日の日本テレビ系列「ZIP」の流行ニュース キテルネ!のコーナーでは、快眠グッズが取り上げられました。...
ヒルナンデス|冬のトレンドグッズ11選|おひとりさま加湿器・モイストマスク・塗るニット・ブーツ着脱アイテム・猫ゆたんぽ・シワも伸ばす乾燥機
2020年12月7日の日本テレビ系列「ヒルナンデス」では冬のトレンドグッズが紹介されました。番組内で放送された着れるコタ...
めざましテレビで紹介!最新リラックスグッズ【ロフトで人気のベスト3と注目商品】
2020年11月17日の日本テレビ系列「めざましテレビ」~イマドキ~のコーナーで放送された、ボディケアしながら癒やされる...
ゆめ
ゆめ

最後までご覧頂き、ありがとうございます。

 

タイトルとURLをコピーしました