キャベツの冷凍保存切り方別解凍や活用レシピ

キャベツ

キャベツは日持ちする野菜なので、丸ごと1個なら二週間~一ヶ月くらい保存することができます。

でも、カットしてしまうと鮮度が落ちやすくなるので、2~3日で食べきってしまった方が安心です。

また、細かくカットしてしまうと変色しやすく、味も落ちてしまいます。

そんな時に便利なのは、冷凍保存です。カットして冷凍しておけばサッと使えて便利です。

そこで、今回は使いやすいキャベツの冷凍保存法を切り方別に詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

キャベツの冷凍保存

キャベツは生のまま切るだけで冷凍できます。

胃腸薬にも利用されている「キャベジン」はキャベツから発見されたビタミンUの別名です。胃腸の粘膜を再生したり、胃酸の分泌を抑える働きがあります。特に葉の外側の部分にはビタミンCが多く含まれていますが、ビタミンCは熱や水に弱いので、炒めたり、蒸したりすると流出してしまいます。

キャベツの栄養を最大限摂取するためには、新鮮なうちにサラダなど生食すること。また、スープにすれば水に流出した栄養分を摂取できるので、9割くらい摂取できます。

しかし、生のキャベツに比べると冷凍したキャベツはしんなりしやすいため、冷凍キャベツを生で頂く場合はコールスローや漬け物などがおすすめです。

今回はこちらの6つの方法を1つずつご紹介します。

①キャベツのザク切りを生のまま冷凍

②キャベツの千切りを生のまま冷凍

③キャベツの千切りを塩もみしてから冷凍

④キャベツのくし形切りを冷凍

⑤キャベツのみじん切りを塩もみして冷凍

⑥キャベツを茹でて冷凍

①キャベツのザク切りを生のまま冷凍

キャベツのざく切りの冷凍方法

①キャベツをよく洗い、食べやすい大きさのザク切りにします。

②キッチンペーパーなどで水気を拭きとります。

③冷凍用保存袋に平らになるようにキャベツを入れます。

④できるだけ空気を抜いて薄くします。

⑤金属トレーなどにのせて出来るだけ素早く冷凍します。

①ざく切り冷凍キャベツの保存期間

生のまま冷凍すると品質が落ちやすいので、二週間を目安として使い切ってください。

①ざく切り冷凍キャベツの解凍方法

・凍ったままスープやみそ汁に使用する。

・凍ったまま炒めものに使用する。

②キャベツの千切りを生のまま冷凍

千切りキャベツは塩もみしなくても、冷凍するとカサが減ってしんなりします。塩分を減らしたい方にもおすすめです。

キャベツの千切りの冷凍方法

①キャベツをよく洗い、千切りにします。

②キッチンペーパーなどで水気を拭きとります。

③冷凍用保存袋に平らになるようにキャベツを入れます。

④できるだけ空気を抜いて薄くします。

⑤金属トレーなどにのせて出来るだけ素早く冷凍します。

 

③キャベツの千切りを塩もみしてから冷凍

キャベツの塩もみ千切りの冷凍方法

①キャベツをよく洗い、千切りにします。

②ザルにキャベツを入れ、適度の塩をふって揉みこみます。

③しんなりしたら水で綺麗に塩を洗い流します。

④手でギュッと水気を絞ります。

⑤冷凍用保存袋に平らになるようにキャベツを入れます。

⑥できるだけ空気を抜いて薄くします。

⑦金属トレーなどにのせて出来るだけ素早く冷凍します。

②③千切り冷凍キャベツの保存期間(生のまま・塩もみ)

生のまま冷凍すると品質が落ちやすいので、二週間を目安として使い切ってください。

②③千切り冷凍キャベツの解凍方法(生のまま・塩もみ)

・冷蔵庫内で自然解凍し、そのままコールスローサラダなどサラダ類に使用する。

・凍ったままの千切りをそのままお好み焼きの材料に混ぜる。

・凍ったままの千切りをフライパンで炒め、とん平焼きなどに使用する。

*自然解凍がおすすめですが、急いで解凍したい場合はお湯に入れて、ほぐれたらすぐザルに取り、水気を絞るとキャベツのシャキシャキ感を楽しむことができます。

④キャベツのくし形切りを冷凍

キャベツのくし形切りの冷凍方法

①キャベツをよく洗い、3cmくらいの細めのくし形切りにします。

②キッチンペーパーなどで水気を拭きとります。

③冷凍用保存袋に平らになるようにキャベツを入れます。

④できるだけ空気を抜いて薄くします。

⑤金属トレーなどにのせて出来るだけ素早く冷凍します。

④くし形切り冷凍キャベツの保存期間

生のまま冷凍すると品質が落ちやすいので、二週間を目安として使い切ってください。

④くし形切り冷凍キャベツの解凍方法

・凍ったままポトフなどのスープに使用できます。

・凍ったままアルミホイルで包み、キャベツのホイル焼きに。

・凍ったままベーコンを巻き、電子レンジやフライパンで蒸し料理などに使用できます。

⑤キャベツのみじん切りを塩もみして冷凍

キャベツのみじん切りは切り口より水分が出て鮮度が落ちることがある為、塩もみしてから冷凍することをおすすめします。

キャベツのみじん切りの冷凍方法

①キャベツをよく洗い、みじん切りにします。

②ザルにキャベツを入れ、適度の塩をふって揉みこみます。

③しんなりしたら水で綺麗に塩を洗い流します。

④手でギュッと水気を絞ります。

⑤冷凍用保存袋に平らになるようにキャベツを入れます。

⑥できるだけ空気を抜いて薄くします。

⑦金属トレーなどにのせて出来るだけ素早く冷凍します。

⑤みじん切りの冷凍キャベツの保存期間

生のまま冷凍すると品質が落ちやすいので、二週間を目安として使い切ってください。

⑤みじん切りの冷凍キャベツの解凍方法

・冷蔵庫内で自然解凍し、餃子やしゅうまい、肉団子などに使用できます。

・凍ったまま中華スープやみそ汁に使用できます。

⑥キャベツを茹でて冷凍

キャベツをサッと茹でてから冷凍すると、劣化を防ぐことができます。冷蔵保存しておくと傷みやすく1~3日ほどしか保存できないので、茹でたキャベツは冷凍がおすすめです。

茹でたキャベツの冷凍方法

①キャベツをよく洗い、お好みの方法で切ってください。

キャベツのざく切りが特におすすめです。

②熱湯で10秒ほど茹で、サッと冷水に取って色止めをします。

③キッチンペーパーなどで水気を拭きとります。

④ラップで一回に使う分ずつ小分けにして包みます。

⑤冷凍用保存袋に平らになるようにキャベツを入れます。

⑥できるだけ空気を抜いて薄くします。

⑦金属トレーなどにのせて出来るだけ素早く冷凍します。

⑥茹でた冷凍キャベツの保存期間

茹でたキャベツの保存期間目安は一ヶ月です。

⑥茹でた冷凍キャベツの解凍方法

冷蔵庫内で自然解凍し、和え物やサラダなどに使えます。

キャベツを上手に冷凍するポイント!

新鮮なキャベツを選ぶ!

●外葉はつややかな緑色で巻きがしっかりかたいもの

●内葉は外葉と色が異なり、すき間なく詰まっているもの

●切り口ができるだけみずみずしいもの

●芯は長めのものが良いが、2/3以上あると苦みが出るので長すぎるものも注意

購入してすぐ冷凍保存する!

キャベツを購入して野菜室で保存しておくと、どんどんえいよ栄養価が減ってしまうので、新鮮なうちに冷凍するのが美味しさのポイントです。

キャベツの水気をしっかりと拭く

キャベツを洗った後、しっかり水気を拭きとらないと冷凍しても劣化しやすくなってしまうので、丁寧に拭き取って下さい。

急速に冷凍するのが美味しさのポイント!

できるだけ短時間で冷凍できる方が新鮮な状態で保存できます。そのため、金属トレーやアルミホイルに載せたり、上に保冷剤を置くなどしてできるだけ早く完全に凍らせることが美味しさのポイントです。 

キャベツの冷凍保存解凍方法のまとめ

キャベツは劣化が早い為、早めに使い切ってください。

千切りやみじん切りにしたキャベツは二週間

生のまま冷凍したキャベツは二~三週

茹でて冷凍したキャベツは一ヶ月

冷凍キャベツは変色に注意!

キャベツは冷凍すると、変色してしまうことがあります。ピンク色や黒、茶色など変色してしまった場合は全体も傷んでいる可能性があるので、変色してしまった場合は食べない方がいいです。

冷凍キャベツは火の通りが早いので注意!

冷凍したキャベツは火の通りが早いので、食感が柔らかくなりすぎてしまうことがあります。スープの場合は柔らかくても気になることはあまりありませんが、炒め物は水分が出やすかったり、柔らかくなってしまうことがあるので、他の食材に火が通ってから入れる、または水分を飛ばすように強火で炒める、解凍して水分を拭き取ってから炒めるなどすると美味しく仕上がります。

キャベツの冷凍保存まとめ

キャベツは冷蔵でも日持ちしますが、カットしてしまうと変色しやすくなってしまうので、カットして保存しておきたい場合は冷凍が便利です。

時間のある時によく洗って切っておけば、切る手間が無くなり、時短になります。予め何を作るか決めておけば、仕事から帰ってすぐパパっとおかずを作ることができますね。

 

こちらはコンビニなどで販売されている千切りキャベツの冷凍方法についてご紹介しています。

こちらでは酢キャベツダイエットについてご紹介しています。

こちらは湯通しキャベツダイエットについてご紹介しています。

こちらではキャベツの栄養についてご紹介しています。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました