ピーマンの選び方

とうがらしを改良して、辛みを除いたものがピーマンです。

ピーマンにはビタミンCやビタミンE・β-カロテンなどの栄養が豊富に含まれています。

最近は改良されて、苦みの少ないピーマンも多いですが、鮮度が落ちると苦みが出たり、種の部分から腐敗が始まったりします。

美味しいピーマンはどんなところに注意して選べば良いのでしょうか?

今回は美味しいピーマンの選び方についてまとめてみました。

「ピーマンの選び方」の続きを読む…

ピーマンの効能は?種やわたに栄養はあるの?

苦味や独特の臭いが苦手な方も多いピーマン。

昔は子供が嫌いな野菜の代表格でしたが、タキイ種苗が行った『2017年度 野菜と家庭菜園に関する調査』の結果、一位はゴーヤ、二位はセロリでピーマンは五位でした。栄養が豊富な為、ご家庭でピーマンを工夫して調理したり、品種改良によって昔ほど苦くないのが理由のようです。

では、多くのママさんが子供に食べさせたいと思うピーマンの栄養やその効果・効能はどのようなものなのでしょうか?今回はピーマンの栄養効果や効能についてご紹介したいと思います。

「ピーマンの効能は?種やわたに栄養はあるの?」の続きを読む…

苦味が少ないピーマンのヘタの特徴は?下ごしらえで差がでる?

ビタミンC・E・β-カロテンなど栄養が豊富なピーマンですが、苦味があるので苦手な子も多いですよね。

今回はピーマンのヘタで苦みが少ないピーマンを見分けられる方法をご紹介します。

また、ピーマンの苦味を和らげる4つの方法もご紹介します。

 

「苦味が少ないピーマンのヘタの特徴は?下ごしらえで差がでる?」の続きを読む…

空芯菜はどんな味?栄養価は?おすすめのレシピは?

空芯菜は中国料理で青菜炒めとしてよく使われる野菜です。

しかし、日本の食卓にはあまり馴染みがないかもしれません。

私もそうだったのですが、有機野菜の宅配サービス「らでぃっしゅぼーや」に加入してから、たまに「空芯菜」が届くようになりました。

最初は馴染みのない野菜に躊躇していたのですが、今ではスッカリその魅力に引き込まれています。

今回は空芯菜の味や栄養価、おすすめのレシピをご紹介します。

「空芯菜はどんな味?栄養価は?おすすめのレシピは?」の続きを読む…

とうもろこしの芯やひげは食べられる?美味しい活用レシピをご紹介!

とうもろこしは甘くて美味しいですよね?

とうもころしは野菜にしては高カロリーですが、腹持ちがよく、たんぱく質、脂質、糖質の三大栄養素を含む栄養価の高い美容野菜です。

しかし、とうもろこしは実の部分だけを食べて、芯の部分は食べない方が多いと思いますが、食べることはできるのでしょうか?

実は芯やひげは活用することができるんですよ。今回はとうもろこしの芯やひげの活用レシピをご紹介します。

「とうもろこしの芯やひげは食べられる?美味しい活用レシピをご紹介!」の続きを読む…