ピーマンの効能は?種やわたに栄養はあるの?

苦味や独特の臭いが苦手な方も多いピーマン。

昔は子供が嫌いな野菜の代表格でしたが、タキイ種苗が行った『2017年度 野菜と家庭菜園に関する調査』の結果、一位はゴーヤ、二位はセロリでピーマンは五位でした。栄養が豊富な為、ご家庭でピーマンを工夫して調理したり、品種改良によって昔ほど苦くないのが理由のようです。

では、多くのママさんが子供に食べさせたいと思うピーマンの栄養やその効果・効能はどのようなものなのでしょうか?今回はピーマンの栄養効果や効能についてご紹介したいと思います。


スポンサーリンク



ピーマンとは

ピーマンはとうがらしを改良して、辛みを抜いた野菜で、ベル型の品種のことをいいます。

緑のピーマンは未熟なうちに収穫したもので、ビタミン類を多く含んだ栄養野菜です。

ピーマンの歴史

とうがらしの原産地は熱帯アメリカです。大航海時代、コロンブスがとうがらしをヨーロッパに持ち帰り世界中に広まりました。その後改良されてピーマンも収穫されるようになります。

日本にとうがらしが伝わったのは江戸時代の頃でしたが、ピーマンがアメリカから導入されたのは、明治初期の頃で、普及したのは戦後になってからです。

ピーマンの語源

ピーマンの語源はフランス語でとうがらしという意味の「piment(ピマン)」もしくはスペイン語でとうがらしの意味の「pimiento」ピメントだとされています。

英語では、「sweet pepper」もしくは「Bell pepper」と呼ばれています。甘いとうがらし、またはベル型のとうがらしの意味があるようです。

ピーマンの栄養と効能



ピーマンに含まれる栄養素ビタミンC

ビタミンCには強い抗酸化作用があります。私達は酸素を取り入れてエネルギーを作り出していますが、その時に活性酸素も生じてしまいます。この活性酸素は、動脈硬化、脂質異常症、糖尿病、がん、老化、しみ、シワなどの生活習慣病の原因となります。

ビタミンCはこの生活習慣病の原因となる活性酸素を除去する働きがあるんです。

 

また、人はストレスを受けたり、喫煙によってビタミンCを大量に消費してしまいます。

その為、ストレスを感じている時や喫煙者はより多くのビタミンCを補給する必要があります。

 

また、ビタミンCはコラーゲンの合成にも重要な役割があります。コラーゲンと言えば、美肌!

コラーゲンはシミのもとになるメラニン色素の生成を抑える作用があるので、美肌を保つ効果が期待できます。

サプリメントなどでコラーゲンを摂取する女性も多いと思いますが、ビタミンCは野菜から摂取できることが多いので、たくさん野菜を食べて、ダイエットと同時に美肌も手に入れちゃいましょう!

 

でも、コラーゲンの力は美肌だけじゃないんです。個々の細胞に強力なバリアをつくり、体内にさまざまなウイルスが入ってくるのを防いでくれます。ビタミンCはウイルス系の病気から身体を守るインターフェロンというたんぱく質の合成やウイルスが体内に入ってきた時に守ってくれる白血球を維持する働きがあるので、免疫力を高めてくれます。このようにとっても効果のあるビタミンCなのですが、体内で合成、貯蔵しておくことができないので、毎日の食事からしっかりとることが大切です。

 

ビタミンCが不足してしまうとどうなるのでしょうか?

疲れやすい、肌荒れなどの他、免疫力が下がるので風邪や感染症にかかりやすくなってしまいます。

また、ビタミンCは壊血病の予防の研究から見つかったビタミンなのですが、不足状態が続くと毛細血管がもろくなり、歯茎や皮下からの出血など壊血病の症状が見られることもあります。

ピーマンに含まれる栄養素β-カロテン→ビタミンA

β-カロテンはニンジンに多く含まれている栄養素として知られていますが、ピーマンにも多く含まれています。

β-カロテンは体内に入ると必要な量だけビタミンAに変換されます。

 

ビタミンAは目や皮膚、のど、鼻などの粘膜を健康に保つ働きをしてくれます。そのためウイルスや細菌から守ってくれたり、胃がん、肺がん、子宮がんなどの上皮細胞にできるがんにかかりにくくなります。

ビタミンAは目の網膜で光の明暗や色を感じるロドプシンという色素の主成分となり、視覚や目の健康を守ってくれます。

また、ビタミンAにはホルモンに似た働きがあり、皮膚の上皮細胞の入れ替わりを活発にするので、美肌にも役立ちます。

 

では、ビタミンAが不足してしまうとどうなるのでしょうか?

皮膚や粘膜が傷つきやすくなり、抵抗力も弱くなってしまいます。

風邪をひきやすくなったり、がんにかかりやすくなる、視覚障害を引き起こすなどの他に

暗い場所でものが見えずらい夜盲症(とり目)になってしまうこともあります。

ピーマンに含まれる栄養素ビタミンE

ビタミンEはビタミンCと同じく強い抗酸化作用があります。体内でも細胞が酸化して過酸化脂質が作られるのですが、これが老化やがんの原因となります。ビタミンEはこの過酸化脂質の生成を防ぎ、老化やがんから守ってくれます。

 

また、強い日差しを浴びることで出来てしまう活性酸素を除去してくれるので、美肌の働きもあります。さらに、末梢血管を広げて血行をよくするので、自律神経を整え、冷え性や肩こり、頭痛も解消され、新陳代謝が上がる働きもあります。

 

では、ビタミンEが不足してしまうとどうなるのでしょうか?

体内に過酸化脂質ができやすくなり、細胞の老化が進み、動脈硬化など病気にかかるリスクが上がってしまいます。

ピーマンに含まれる栄養素クエルシトリン(ポリフェノール)

あまり馴染みのない栄養素ですが、ピーマンの苦味部分の成分になります。

ピーマンが苦いのはこのクエルシトリンが含まれてるからなんですね~

ポリフェノールの一種で、ドクダミにも含まれています。

苦いけど、身体に良い働きもあって、血流を改善し、高血圧や血中中性脂肪の上昇を抑制してくれます。

ピーマンに含まれる栄養素ピラジン

ピーマン特有のちょっと青臭いにおいはピラジンという成分になります。

このピラジンは血液をサラサラにする働きがあるので、心筋梗塞や脳梗塞の予防にも役立つと言われています。

実はこのピラジン、ピーマンの種に多く含まれているので、最近では種も一緒に食べる方も増えています。

ピーマンの栄養効果・効能は?

成分ごとに栄養素の特徴や働き、効果などについてお話してきましたが、今度は効果や効能を中心にご説明したいと思います。

ピーマンの栄養効果・効能:老化防止や生活習慣病の予防

老化は活性酸素によって起こる体の錆びが原因の1つと言われています。

また、生活習慣病は食事・運動・休養・喫煙・飲酒などの生活習慣が、その発症や進行に関与する病気のことを指します。

具体的には次のような病気が上げられます。

  • 大腸がんや肺がんなどに代表されるがん
  • 糖尿病
  • 高血圧
  • 脳卒中
  • 心臓病
  • 脂質異常症

ビタミンC・Eの抗酸化作用やピラジンの血液をサラサラにする働きが特に老化や生活習慣病の予防に貢献しています。

ピーマンの栄養効果・効能:風邪予防や疲労回復

ビタミンAのウイルスや細菌から身体を守ってくれる働きにより、風邪の予防や回復、疲労回復が期待できます。

また、ビタミンCにも疲労回復の効果があり、ストレスを感じた時に特に多く消費するので補給する必要があります。

ピーマンの栄養効果・効能:美肌

ピーマンにはトマトの約5倍のビタミンCが含まれ、コラーゲンの生成をうながします。コラーゲンはシミのもとになるメラニンの生成を抑える作用があるので、美肌を保つ効果が期待できます。さらにピーマンにはビタミンPという成分が壊れやすい性質のビタミンCを熱や酸化から守り、働きをサポートしているので、油で炒めたり、揚げたりしても栄養が損なわれにくいという特徴があります。

ピーマンの栄養はこんな人におすすめ!

生活習慣病や風邪の予防にもなるので、老若男女誰にでもおすすめですが、老化防止、美肌も期待できることから、アンチエイジングに興味のある方にもおすすめの野菜です。

また、たばこを吸う時やストレスを感じる時に大量にビタミンCを消費するため、喫煙者、ストレスを感じている方にもおすすめです。

ピーマンの種やわたにも栄養があるってほんと?

取り除いてしまうことの多い、ピーマンの種やわたにも栄養が含まれています。

種やわたに含まれる栄養素はピラジンという成分で、血液をサラサラにする働きがあります。

また、本体同様ビタミンCやビタミンA、E、クエルシトリンなども含まれています。

そのため、最近では種やわたも一緒に食べる方も多くなっています。

ただ、食感や苦みを軽減させるため、一般的には種やわたを取り除いて調理することが推奨されています。

種やわたを少し食べても健康面に大きな変化があるわけではないので、無理して食べることはないと思います。

欧州では新鮮なピーマンなら種とわたをそのまま食べる習慣があるようなので、苦みや食感が好きな方には一緒に調理するのがおすすめです。

しかし、種やわたには汚れや虫がついていることがあり、また日にちが経つと種が黒くなってしまうので注意が必要です。

新鮮なピーマンでも種が黒い場合がありますが、種やヘタの部分から黒くなって傷んでいくので、その場合は取り除いた方が安心です。

ピーマンの栄養効果をアップさせる食べ方

油で調理する

ピーマンはビタミンPの働きにより、加熱すると壊れやすいビタミンCを熱や酸化から守ってくれますが、茹ですぎたり、水に長時間さらすと栄養が流れてしまいます。また、ピーマンに含まれるβ-カロテンは体内に入ると必要量がビタミンAに変わるのですが、ビタミンAは脂溶性なので、油との相性が良く体内での吸収率もアップします。

その為、サッと炒めたり、揚げたりする料理がおすすめです。

主な調理法

  • 無限ピーマン
  • きんぴら
  • ピーマンの肉詰め
  • ナポリタン
  • チンジャオロースー
  • 野菜炒め
  • 酢豚
  • ホイコーロー
  • 焼きそば

最後に

いかがでしたか?

苦いイメージのピーマンですが、最近のピーマンは本当に進化しています。

 

特に私が加入している有機野菜の宅配サービス「らでぃっしゅぼーや」の「ちぐさ」というピーマンは生で食べても苦みや青臭さもなく

美味しいです!感動するお味なので、お子さんをピーマン好きにしたいママさんにおすすめです。

興味がある方はお得なおためしセットがおすすめです。

「ちぐさ」が入っているとは限らないので、チェックしてみてくださいね。




スポンサーリンク



コメントを残す