ピーマンの栄養や効能は?苦み成分はポリフェノール!ビタミンも豊富!

苦味や独特の臭いが苦手な方も多いピーマン。

子どもが嫌いな野菜ベスト3に入ってしまうピーマンですが、栄養が豊富なんですよ。

今回はピーマンの栄養や効能についてご紹介したいと思います。


スポンサーリンク



ピーマンとは

ピーマンはとうがらしを改良して、辛みを抜いた野菜で、ベル型の品種のことをいいます。

緑のピーマンは未熟なうちに収穫したもので、ビタミン類を多く含んだ栄養野菜です。

子供が嫌いな野菜の代表格ですが、最近は品種改良を重ねているので、苦みのないタイプのピーマンも多く出荷されています。

ピーマンの歴史

ピーマンの元となるとうがらしは原産地が熱帯アメリカで、コロンブスによりヨーロッパに伝わり、その後改良されてピーマンになります。

日本にとうがらしが伝わったのは江戸時代の頃でしたが、ピーマンが普及したのは明治時代になってからです。

ピーマンの語源

ピーマンの語源はフランス語でとうがらしという意味の「piment(ピマン)」もしくはスペイン語でとうがらしの意味の「pimiento」ピメントだとされています。

英語では、「sweet pepper」もしくは「Bell pepper」と呼ばれています。甘いとうがらし、またはベル型のとうがらしの意味があるようです。

ピーマンの栄養と効能



ピーマンに含まれるビタミンC

ビタミンCは皮膚の老化を防ぎ、細胞を元気にしてくれる栄養素です。

また、ウイルス系の病気から体を守る働きがあり、免疫力を維持するのに重要です。

体内に貯蔵しておくことができないので、風邪や感染症の予防に日ごろから意識して摂っておきたいビタミンの1つです。

また、シミのもとになるメラニン色素の生成を抑える作用があるので、美肌を保つ効果が期待できます。

ピーマンに含まれるビタミンp

ビタミンpは壊れやすい性質のビタミンCを熱や酸化から守ってくれます。

しかし、ビタミンpは水溶性なので、茹ですぎたり、水に長時間さらすと栄養が流れてしまいます。

ピーマンに含まれるβ-カロテン

β-カロテンは体内に入るとビタミンAに変わります。

ビタミンAは目や皮膚、のど、鼻などの粘膜を健康に保つ働きをします。

β-カロテンが不足すると、皮膚や粘膜が傷つきやすくなり、抵抗力も弱くなってしまいます。

また、ビタミンAには皮膚の上皮細胞の入れ替わりを活発にするので、美肌にも役立ちます。

ピーマンに含まれるビタミンE

ビタミンEは強い抗酸化作用をもち、ホルモンバランスを整え、老化防止にも役立ちます。

ピーマンに含まれるクエルシトリン

あまり馴染みのない栄養素ですが、ピーマンの苦味部分の成分になります。

ポリフェノールの一種で、ドクダミにも含まれています。

血流を改善し、高血圧や血中中性脂肪の上昇を抑制してくれます。

ピーマンの食べ方

中華料理が一番パッと思いつくピーマン料理の方も多いのではないでしょうか?

こちらはオイスターソースなどで味付けをした青椒肉絲ですが、

味噌や豆板醤などを加えれば回鍋肉になりますし、

オイスターソースや豆板醤を入れずに味噌や醤油、砂糖などで味付けすれば和風の味噌炒めになります。

 

また、ラタトゥイユもピーマンやパプリカの料理としても有名です。

なすやズッキーニ、玉ねぎなどを炒め、トマト缶を入れて煮込んでいきます。

パンに合うおかずで、冷やして食べるのもいいですよね。

暑い夏にピッタリのメニューです。

 

また、天ぷらやピーマンのきんぴらなども美味しいですよね。

さらに最近人気の「無限ピーマン」もおすすめです

電子レンジでチン!したピーマンにツナ缶、黒コショウ、がらスープの素、ごま油などで味付けします。

こちらはツナ缶無しのものですが、それでも美味しいですよ。

最後に

いかがでしたか?

苦いイメージのピーマンですが、最近のピーマンは本当に進化しています。

 

特に私が加入している有機野菜の宅配サービス「らでぃっしゅぼーや」の「ちぐさ」というピーマンは生でも苦みも青臭さもなく

美味しいです!感動するお味なので、お子さんを野菜好きにしたいママさんにおすすめです。

 

興味がある方はお得なおためしセットがおすすめです。

「ちぐさ」が入っているとは限らないので、チェックしてみてくださいね。




スポンサーリンク



コメントを残す