パプリカの保存方法!栄養価は?色によって栄養価が違うの?

色とりどりで見た目も華やかなパプリカ。

ビタミンCもたっぷりで美肌効果もあります。

今回はパプリカの保存方法・栄養価についてご紹介します。


スポンサーリンク



パプリカの保存方法

パプリカの水気をしっかりふき取ってポリ袋に入れて、冷蔵庫の野菜室で保存します。

私が加入している有機野菜宅配サービス「らでぃっしゅぼーや」から届いた時はこんな感じでポリ袋に入れられていることが多いです。

そのため、パプリカには水滴がたっぷり!

 

パプリカにたっぷりついている水滴をキッチンペーパーなどでふき取ります。

つやつやで綺麗なパプリカ。

 

ラップで包んでから新聞紙、もしくはキッチンペーパーで包み、野菜室に保存します。

乾燥や低温に弱いので、1つずつラップに包み、さらに新聞紙やキッチンペーパーなどで包みます。

エチレンガスが出て、ほかの食材を劣化させてしまうので、個別にラップすることが大事です。

 

パプリカの冷蔵保存期間は?

パプリカの保存期間は冷蔵庫の野菜室で一週間程度です。

パプリカの栄養価は?

パプリカはとうがらしを改良して甘みを持たせて生食できるようにしたものです。

ピーマンも同じくとうがらしを改良して辛みを除いたものです。

元は一緒なんですね。

栄養価については、ビタミンC、ビタミンE、β-カロテンなどが含まれています。

 

パプリカの栄養価:ビタミンC

ビタミンCの働き

・風邪予防

・美肌

・免疫力強化

皮膚の老化をふせぎ、細胞を元気にしてくれる抗酸化ビタミンです。

パプリカの栄養価:ビタミンE

ビタミンEの働き

・動脈硬化予防

・老化予防

・更年期症状の改善

強い抗酸化作用をもち、ホルモンバランスを整え、高い老化防止効果もあります。

パプリカの栄養:β-カロテン(ビタミンA)

β-カロテンは体内でビタミンAに変わります。

ビタミンAの働き

・がん予防

・風邪予防

・肌荒れの改善

・髪の健康保持

・疲れ目の予防

・感染症予防

目、のど、鼻などの粘膜を健康に保ち、皮膚を丈夫にしてくれます。

パプリカの色によって栄養価が違う?

ピーマンよりも身が厚く、大きさもあるのでパプリカの方が栄養価は高いです。

また、赤色はカプサイシンやβ-カロテンが多く、黄色はビタミンC、

オレンジはβ-カロテンやビタミンCを多く含んでいます。

パプリカの保存方法まとめ

ラップをして新聞紙やキッチンペーパーで包んでから野菜室で保存:保存期間一週間

 

私がいつもお世話になっているらでぃっしゅぼーやでは毎週美味しい有機野菜が届きます。

有機野菜はちょっとお高いけど、その美味しさは抜群!

それに、美味しいだけじゃなく、極力農薬を使わずに育てているので安心感が違います。

毎日の食事が子供たちの身体を作っていきます。

だからこそ、気になりますよね。

もし、気になる方がいらっしゃれば、お試しセットはいかがでしょうか?

とてもお得なセットなので、おすすめです。

内容はしたの画像をクリックすると、らでぃっしゅぼーやのサイトに行けますので、

どんな野菜がセットに含まれているのか、チェックしてみてくださいね。




スポンサーリンク



コメントを残す