らでぃっしゅぼーやの評判と口コミ、2ヶ月利用した感想もご紹介!

有機野菜、低農薬野菜の宅配サービス「らでぃっしゅぼーや」を利用し始めて2ヶ月が経ちました。

そこで、「どうして有機野菜を購入してみようと思ったのか?」「らでぃっしゅぼーやを利用しようと思った決め手は?」

など利用者としての感想などをお伝えしようと思います。

また、利用されてる方の評判や口コミなども合わせてご紹介したいと思います。


スポンサーリンク



目次

らでぃっしゅぼーやの評判と口コミ、2ヶ月利用した感想もご紹介!

私が食の安全性を気になり始めたのは、娘の喘息からでした。

毎日食べたもので、子供達の体が作られます。

一回の食事なら気にならない添加物でも、積み重なれば体に影響を及ぼすことになるかもしれません。

娘の飲む薬を少しでも減らすことができるなら、

娘が病院に行く回数を少しでも減らすことができるなら、

多少食費が高くなってしまっても、いいのではないかと思い、有機野菜について考えてみることにしました。

 

次に野菜宅配のデメリット、メリットを上げ、それについての利用者の考えを述べさせていただきます。

野菜宅配のデメリット:値段が高い理由

有機野菜や低農薬野菜は普段購入しているスーパーで売られている野菜より高いです。

それもそのはず、農薬に頼らずに野菜を育てるためには、とても手間がかかります。

らでぃっしゅぼーやでは次のような工夫をしているんですよ。

・品種選定や栽培方法の工夫(耕種的防除)

・微生物や天敵等の利用(生物的防除)

・防虫ネットや袋掛け、粘着板、光・熱の利用(物理的防除)

これらの工夫は農家の方が長年築きあげてきた努力の賜物なのです。

野菜宅配のデメリット:野菜が選べない

らでぃっしゅぼーやでは「セレクトサービス」といって、おすすめ商品を提案してくれるセットがあります。

このセットは中身の入れ替えや数量の変更などもでき、自分の好きな食材にアレンジできます。

野菜・果物のコースや野菜に肉や魚、加工品などを組み合わせたコースもあるので、ご家庭に合わせて好きな商品を選べるのがいいですね。

 

お届け日の二週間前にらでぃっしゅぼーやからお勧めの商品のお知らせがきます。

野菜を調理しやすい肉や魚、お惣菜がセットになっているので、子育てや仕事で忙しいママさん達にも好評です。

苦手な野菜やお惣菜などがあれば注文締切日までに自由に変更できるのもいいですよね。

 

 

プロが選んでくれる旬の野菜を楽しむ♪

上記でご紹介したように、自分の好みの野菜に入れ替えることはできますが、農家の方がその時一番の旬の野菜を詰めてくれる「ぱれっと」コースがとっても楽しいです♪

実は私、子供の好き嫌いに合わせて、次第に購入する野菜が決まってきていたんです。

玉ねぎ、じゃがいも、にんじん、ごぼう、ほうれん草、キャベツ、レタス、トマト、きゅうり、アスパラ、もやし、ニラ、しめじ、しいたけ

こんな感じの定番野菜が主になってました。14個の野菜を使い回せばそれなりの献立は作れるのですが、いつも同じメニューになってしまっていたのが気になってましたね。

その点、らでぃっしゅぼーやの「ぱれっと」はその時の旬の野菜を選んでくれるので、年間約240種の野菜を食べることができます。

自分では購入しないような野菜も、同封されているレシピで調理してみると意外と美味しくて新たな発見があったり、

他にはどんなレシピが人気なのかな?と調べるようになって、今までは作らなかったレシピにも挑戦するようになりました。

野菜宅配のメリット:野菜が美味しい

私が「らでぃっしゅぼーや」に加入した一番の決め手になったのは、野菜の美味しさでした。

半額以下で購入できる「お試しセット」があったので、購入してみました。

その時の詳しい内容はこちらの記事をご覧になってください。

おためしセットはこちらから、内容等確認することができます。

時期によっておためしセットの中身が違います。

らでぃっしゅぼーやのおためしセット

一番感動したのは、ピーマンです。

「ジャーガルちぐさ」という沖縄県産のピーマンなのですが、これがビックリ!

生で食べても苦くなく、小学生の娘も生でパクパク食べれたほどです。

詳しくはこちらの記事でご紹介させて頂いていますので、ご覧になって下さい。

 

次に感動したのが、ミニトマトです。

これはもう、デザートなの?と思うほど甘かったです。

娘も気に入って、一気に全部なくなってしまいました。

3つ目に感動したのが、にんじんです。

にんじんは土付きで届きました。

一緒に届いた「お試しセット」のセミノールというみかんの一種を加え、「にんじんとツナのサラダ」を作ったのですが、

とても爽やかで美味しいサラダが出来上がりました!

こちらにレシピやにんじんの栄養素などについても記事にしてますので、ご覧になってくださいね。

平飼いたまご

いつも頼んでいるらでぃっしゅぼーやの「平飼いたまご」

狭い鶏舎内に押し込められているニワトリをみたことはあるでしょうか?

「ケージ飼い」といわれるもので、1坪辺り(約2畳分)に140~150羽が飼育されています。

このような環境で育てられるニワトリは、当然ストレスもたまり、病気にもかかりやすいです。

そのため、病気を予防するために、合成抗菌剤や抗生物質を投入する方法がとられています。

一度伝染病が発生すると、鶏舎内のニワトリが全滅する恐れがあるため、さらに薬漬けになってゆくのです。

スーパーで販売されている卵のほとんどが、「ケージ飼い」されたニワトリから生まれた卵です。

 

それに対して、らでぃっしゅぼーやのニワトリは1坪あたり18羽以下の緩やかな密度で、光と風の入る気持ちのいい鶏舎でのびのびと育てられています。

羽を自由に伸ばし、自由に歩き回り、卵を産む。

当たり前のことですが、日本ではこの環境で育てられているニワトリは6.4%しかいません。

そうやって、自然なままに育てられたニワトリの卵はとても美味しく、いつも届くと卵かけご飯にして頂いています。

 

宅配野菜のメリット:届けてくれるので便利

「らでぃっしゅぼーや」は玄関先まで商品を届けてくれるので、特に小さなお子さんがいるご家庭や共働きのご家庭など買い物に行くのが大変な方に好評です。

それに配送の方がとっても親切なんです!らでぃっしゅぼーやの専用車に限ってですが、分からないことがないか聞いてくれるし、とても明るくて話しやすい担当さんです。

それに、家に居れない日でも保冷剤をしっかり入れて、雨の日などはダンボールがぬれないようにビニール袋でしっかり包んで置いていってくれるので安心です。

宅配野菜のメリット:不在の場合は留め置きできる

らでぃっしゅぼーやは配送日は決まっていますが、配送時間は決まっていません。

しかし、不在の場合でも「留め置き」してくれるので安心です。

留め置きサービスとは?

留め置きサービスとは申し込み時に指定した場所に商品を置いて行ってくれるのです。

野菜は保冷剤を入れたダンボールに、豆腐などの食品は保冷剤を入れた発泡スチロールに入れて置いていってくれます。

家は人の目につかない場所に置けるので、そのままでも大丈夫ですが、気になる方は箱を覆うカバーを貸し出してくれます。

私はネットサービスもよく利用しているので、留め置きに関しては特に抵抗はなかったです。

らでぃっしゅぼーや専用車:ベビー特典

らでぃっしゅぼーや専用車限定ですが、妊娠期間中や3歳未満のお子さまがいらっしゃるご家庭を対象に、最大36ヶ月(156週間)配送料を無料にするベビー特典があります。

手続きはホームページからダウンロードした用紙を郵送もしくは、配送のらでぃっしゅクルーに手渡しするだけです。

特に妊娠中や赤ちゃんがいらっしゃるご家庭にとって、安心な野菜を玄関先まで届けてもらえるのはありがたいサービスですよね。

こちら、宅急便での配送では使用できませんので、ご了承ください><

らでぃっしゅぼーや専用車エリア

東京23区、神奈川県、愛知県、大阪府、和歌山市、札幌市および近郊地域。東京多摩地区、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、静岡県、山梨県、三重県、岐阜県、兵庫県、京都府、奈良県、滋賀県の市部、及び仙台市。

※上記地域内でも、一部お届けできない場合があります。

らでぃっしゅ えがおサポート

こちらは次の手帳をお持ちの方、もしくはご家族が申し込めるサービスです。

  • 身体障がい者手帳
  • 療育手帳
  • 精神障がい者保健福祉手帳
  • 被爆者健康手帳

やはりこちらもらでぃっしゅぼーや専用車のお届けのみとなりますが、配送料が無料となります。

こちらも申請書類をホームページからダウンロードして必要事項を書き込み、手帳のコピーを貼り、配送のらでぃっしゅクルーに手渡しするだけです。

宅配野菜のメリット:買い物の時短になる

スーパーに買い物に行ってしまうと、何かと時間がかかってしまいます。

らでぃっしゅぼーやは野菜がメインのサービスなので、結局買い物に行かなきゃいけないとお考えの方も多いかもしれませんが、

私の場合肉や魚はまとめて購入して冷凍しておくので、らでぃっしゅぼーやに加入してから、だいぶ買い物の回数が減りました。

毎日買い物に行っていたのが、週2回くらいになりました。

スーパーに買いに行くときは、移動も含めて一時間くらいはかかってしまいます。

毎日買い物に行っていたので、週7時間は買い物に時間がかかっていたことになります。

それが、週2時間くらいに抑えられるようになったので、5時間くらいは時短になったということですね。

らでぃっしゅぼーやで節約?

らでぃっしゅぼーやの野菜はスーパーで購入する野菜に比べればかなりお高い!

「そんな高い野菜、買えないよ~」って思っていました。

でも、意外にも、らでぃっしゅぼーやに加入してからの方が食費が抑えられるようになったんです!

それは、上記でも説明させて頂いた「買い物の回数」にあります。

買い物に行くと余計な商品を買ってしまう私。

お菓子やお惣菜、料理の素など・・・特に時間をかけずに調理ができる商品に弱くて割高だと思っても買ってしまうんです。

買い物に行く回数が減ったら、無駄買いも少なくなったので、食費が少なくなったんだと思います。

ただですね~今は色々とらでぃっしゅぼーやのコースを試しているところなので、コースによっては一週間もたない場合もあるので、

そうすると、結局買い物に行く回数が多くなり、出費がかさんでしまいます。

この辺りは、今後家に合う量を見極めて、食費のご紹介もしていきたいと思います。

 

食費の件は今後更に試行錯誤しながら、記事にしていこうと思ってます。

宅配野菜のメリット:料理も時短になる

らでぃっしゅぼーやの野菜は苦みも少なく、素材が良いので、シンプルな調理法で十分美味しく頂くことができます。

シンプルな調理法として、パッと思いつくのはピクルスです。

こちらでレシピやパプリカの栄養素などを記事にしていますので、ご覧になってくださいね。

こちらはセロリのピクルスです。

実はセロリが苦手だったのですが、らでぃっしゅぼーやのセロリはとっても香りが良くて美味しいです!

あっという間に食べてしまいました。

 

野菜の力

野菜には身体の機能を調節するのに必要なビタミンやミネラル、食物繊維などを含んでいます。

 

ビタミン類には健康を保持し、病気を予防する機能を発揮します。

特にビタミンAやビタミンCは野菜から栄養を得ていることが多いです。

 

ミネラルは骨や歯など体を構成する成分となるほか、体内の浸透圧や酸性、アルカリ性を調節する働きがあります。

特にカリウムやカルシウムは野菜からも摂取しています。

 

食物繊維は腸の活動を活発にし、血中コレステロールを低下させ、満腹感を与えて過食を防ぐなどの働きをします。

食物繊維は38%が野菜から得ています。

 

野菜が体にいいのは分かっているけど、実際にはなかなか十分な量や種類をとれないものですよね。

厚生労働省が示す野菜の一日の摂取目標は350g以上となっています。

 

農林水産省 九州農政局(野菜の1日の摂取目標「350g」とは)では

一日に必要な野菜を摂取するにあたって、目安を提案してくれています。

野菜料理の小鉢を5皿食べればいいんだな~と考えると分かりやすいですね!

 

【(目安 皿数) 】の数え方

小鉢(小皿)の野菜料理を1皿分(約70g 、)
大皿の野菜料理1人分を2皿分と数え、1日5皿
分以上(70g×5皿=350g)と数えます。

(例)
青菜のお浸し(小鉢1つ)・・・・・・・1皿分
野菜サラダ(1皿 ・・ ) ・・・・・・・・1皿分
カボチャの煮物(1鉢)・・・・・・・・1皿分
生春巻き(1本 ・・・ ) ・・・・・・・・1皿分
野菜炒めなど大皿料理(1人前 ・・・・2皿分 )
野菜カレー(1人前 ・) ・・・・・・・・2皿分

らでぃっしゅぼーやの野菜は虫が入ってる?虫食いはある?

2ヶ月間、よく見て野菜を洗っていますが、虫が入っていたことはありません。

しかし、虫食いはよくあります。

そういえば、スーパーで購入する野菜は虫食いを見たことがありませんでした。

虫が食べない野菜。虫には致死量となってしまう薬だけど、人間には大丈夫。

本当にそんなことがあるのでしょうか?

一回の食事では問題なくても、積もれば害となってしまうかもしれません。

むしろ虫食いは自然なことと考えます。

虫が好んで食べる野菜、実際食べてみると甘みがあって美味しいです。

野菜は美容にも良い上にダイエットにもなる!

野菜はビタミンCが豊富に含まれています。

ビタミンCは風邪や感染症の予防にもなりますが、シミのもとになるメラニン色素の生成を抑える働きをするので、美肌を保ってくれる効果も期待できます。

このビタミンCは野菜と果物以外の食品からはほとんど摂取することができません。

その野菜や果物に含まれるビタミンCの量は一年中同じではなく、旬の時期に多く含まれることが、明らかになってきました。

 

その点、いつも旬の野菜が食べれるらでぃっしゅぼーやの「ぱれっと」はおすすめです。

 

また、野菜は低カロリーなので、ダイエットにも向いています。

私はらでぃっしゅぼーやに加入して2ヶ月になるのですが、最初の三週間はぱれっとの「しきさい」というセットを購入していました。

「しきさい」は14品目の野菜+卵10個のセットでそれなりにボリュームがありました。

こちらがある週の「しきさい」の中身です。

次にぱれっとの「10選+果物」を二週間続けていました。

この一ヶ月くらいは今までと同じ食生活を続けていても自然と体重が落ちていき、2キロ痩せました。

こちらがぱれっとの「10選+果物」の内容です。

 

しかし!

コースをぱれっと「いろどり」に変更したところ、一気に元に戻ってしまいました。

「いろどり」コースは野菜7~8種類に玉ねぎ、じゃがいも、にんじんがそれぞれ注文したり、お休みできたりするコースです。

今回はにんじんをお休みしました。

でも、四人家族の家に、この量では一週間分にならず、四日ほどでなくなってしまいました。

残りの3日分はスーパーに食材を買いに行ってしまったので、食費もカロリーもかさんでしまいました。

 

今後はこうしたダイエット結果も記事にしていけたらいいなと思っています。

お楽しみに^^

らでぃっしゅぼーやの安心・安全

らでぃっしゅぼーやでは、独自の環境保全型生産基準「RADIX」を設けています。

6つの考え方を元に、どんな基準なのかを会員目線でご説明しますね。

1.安全でおいしいこと

らでぃっしゅぼーやでは農薬、飼料、添加物、栽培方法・製造方法、素材などの安全性について厳しくチェックしているそうです。

ただ、安全でも美味しくなければ続かないですよね。

その点、らでぃっしゅぼーやの野菜はどれも美味しいです!

2.持続可能で環境にやさしいこと

らでぃっしゅぼーやでは農薬の削減、水産資源の保全、動物の生態に合わせた飼育、途上国支援のためのフェアトレード商品の取り扱い推進、容器や包装のリユース・リサイクルなどに取り組んでいます。

特に身近に感じるのは「容器や包装のリュース・リサイクル」ですね。会員はみな、野菜が入っていた段ボールや食品が入っていた発泡スチロール、卵の容器、保冷剤などを返却しています。不在であっても、出しておけば持って行ってくれます。

3.情報が公開されていること

スーパーの野菜でも産地などは記載されていますが、どのくらい農薬が使われているかは記載されていませんよね?

らでぃっしゅぼーやの野菜は全て農薬の使用状況を記載してあるのですが、どれも規定の農薬量よりもずっと少ない量なんですよ。

スーパーの野菜の1/10の農薬しか使われていません。

ただ、全く無農薬にできない訳は、作物が全滅してしまう恐れがあるからです。

そのため、止む負えない場合のみ、少量の農薬が使用されています。

らでぃっしゅぼーやでは、次のように農薬や産地が記載されています。

また、野菜に合うレシピも記載されているので、このレシピで作ってみることも多いですよ。

4.生産者・メーカーとパートナーシップを結ぶこと

農家の方は技術向上に力を注いでいて、農薬が少なくて済むのも栽培方法の工夫や虫の対策を行っているからなんです。

また、交流会なども行っていて、農家の方との関係を大切にしています。

らでぃっしゅぼーやの野菜は農家の方も同じ畑で作られた野菜を食べています。

ちょっとピンときませんよね?

しかし、実は農家の方が自宅で食べる野菜は別の畑で作られていることも多いんです。

農薬がたっぷりかけられて育てられた野菜を食べる恐ろしさを知っているからです。

らでぃっしゅぼーやの野菜は農家の方との信頼から成り立っているのですね。

5.作り手とお客さまがともに納得できる価格を設定すること

有機野菜って高いです。

手間をかけて育てた野菜、少々お高くなるのは当然のことなのかなと思います。

でも、いくつかある野菜宅配サービスの中で「らでぃっしゅぼーや」は良心的な価格だと思っています。

おためしセットを購入して、味の良さを確認し、料金と安全のバランスを考えた上で、納得できたことが購入の決め手です。

それに、新鮮な野菜なので、持ちが良く、買い物に行く回数を減らすことで、食費を減らす効果もあります。



6.よりよいものを求め、常に代案を提示すること

らでぃっしゅぼーやは伝統野菜の復活や、生ごみを資源として利用する循環システムの確立、アレルギー・アトピー対策商品の開発などに取り組んでいます。

こうした取り組みも、「らでぃっしゅぼーや」を信頼できるポイントとなっています。

らでぃっしゅぼーや有機野菜栽培の5つの基準

1.有機堆肥を使うこと

2.土壌消毒は一切しないこと

3.除草剤はまかないこと

4.基本的に反農薬であること

5.自家食用と分けないこと

当たり前のことだと思うのですが、これが現在の日本の農家では当たり前でない現実があります。

特に分かりやすいのが5の「自家食用と分けないこと」ではないでしょうか?

私はこのことを初めて知った時にゾッとしました。

家族に食べさせられないものを、販売してるんだなと・・・

らでぃっしゅぼーやの生産者の方々は大切なご家族に食べさせたい野菜を出荷しています。

子どもに安心なお菓子を食べさせてあげれる

添加物たっぷりのお菓子。

美味しくて後を引くのでついつい食べてしまいますが、添加物がたっぷり含まれているものが多く、親としては心配ですよね。

食品添加物とは加工、保存、味をつけたりするときに使う調味料、保存料、着色料などをいいます。

厚生労働大臣が認めたものだけが食品添加物として使用できますが、中には悪影響を与えてしまうものもあります。

らでぃっしゅぼーやでは国が認めている添加物1,519種類のうち220種類しか使っていません。

使わなくていい添加物は使わずにお惣菜や冷凍食品を作っています。

こちらはおためしセットに入っていた、「きらず揚げ」です。

テレビでも取り上げられた、人気のおやつです。

「きらず」というのは「おから」のことです。

国産小麦に国産おからを使った生地を菜種油で揚げて作られています。

素朴で、あえて歯ごたえを残した、お子さんに食べさせたいおやつです。

らでぃっしゅぼーやの口コミ

とにかく野菜が美味しい!

 

せめて子供が小さいうちは安全な野菜を食べさせたいな

 

レパートリーが増えて嬉しい!

 

利用されてる方の多くはご自身やご家族の健康を考え、農薬の心配のない美味しい野菜を選んでいるという印象を受けました。

また、スポーツに取り組んでいる方が利用されていることも多く、たっぷりの野菜を肉や魚と一緒にバランス良く取って、体作りをされています。

らでぃっしゅぼーやとは?

らでぃっしゅぼーやが大切にしている「生産者」や「私たち会員」とのつながりについて、ご理解頂けるよう、少し「らでぃっしゅぼーやの歴史」をご紹介したいと思います。

 

実は「らでぃっしゅぼーや」は「日本リサイクル運動市民の会」から発足しました。

1977年に発足した当初はまだリサイクルが一般的ではありませんでした。

このリサイクルがなぜ有機野菜に繋がったのでしょうか?

 

それは、「日本リサイクル運動市民の会」を発足した高見氏の本当にやりたかったことは「環境問題」だったからです。

生活環境の基礎となるものは、「土壌」「水」「大気」の3つであると考え、土壌をよくするために農薬や化学肥料を使わない「有機農業」に注目しました。

そして、企画されたのが「らでぃっしゅぼーや」です。

 

現在もダンボールや卵の容器などリサイクルに力を入れています。

「らでぃっしゅぼーや」に込められた意味

ラディッシュは「二十日大根」のことです。

コロンブスがアメリカ大陸に到着した時、腐らずに船に残っていた野菜で、アメリカに最初に上陸した最初の農作物です。

語源は「物事の根本」や「根を広げる」という意味があり、

「ぼーや」は「坊や」で、子供達や次の世代を示しています。

親しみがある名前ですよね。

生産者に箱の中身をお任せする

「ぱれっと」はらでぃっしゅぼーやの特徴ともいえます。

ダンボールに数種類の野菜が詰められていて、その中身を指定することができないコースです。

これは、生産者がその時の旬の野菜をお届けするというもの。

プロが今一番の旬の野菜を選んでくれるのですから、とびきり美味しい野菜が届くのです。

私も加入してから2ヶ月間で、今まで調理することのなかった野菜が何種類か届きました。

そういった新しい野菜との出会いも楽しく、今までは肉中心に考えていたレシピも野菜中心に考えるようになりました。

また、前の週には何種類かの野菜がすでに決定しているので、それに合わせてレシピを考えておくこともできます。

次はどんな野菜が届くかな?そんな野菜との出会いを楽しんでもらえたらと思います。

 

最後に

らでぃっしゅぼーやの野菜を食べるようになって、「野菜ってこんなに美味しかったんだな」と私自身も子供達も実感しています。

その美味しさは自然の恵みから、ふりそそぐ太陽から、栄養をたっぷり含んだ土壌から野菜が栄養素を吸い上げ、得たものです。

まずはその美味しさをおためしセットで味わってみませんか?

時期によってセットの内容が変わるので、どんな野菜が入っているのかお試しください。

セットの内容はこちらから、ご覧になれます↓




スポンサーリンク



コメントを残す