ダイエットでリバウンドする原因とリバウンドしないための対策

ダイエットの基本

せっかく体重が減ってもまた元の体重に戻ってしまう、ひどい時は元の体重以上になってしまうこともあります。どうしてダイエットするとリバウンドするのでしょうか?リバウンドする原因とリバウンドしないための対策をご紹介します。

スポンサーリンク

ダイエットでリバウンドする原因とリバウンドしないための対策

ダイエットでリバウンドする原因

基礎代謝が下がるため

食事量が減ると、身体は栄養が入ってこなくなるので、体内で消費されるエネルギーを節約するようになります。

基礎代謝とは、生きていくために必要な最小のエネルギー代謝量のことをいいます。

ゆめ
ゆめ

人は横になった状態でも心臓を動かしたり、体温維持や呼吸をするなどエネルギーを消費しています。

栄養の吸収率がアップしてしまうため

栄養が足りない状態が続くと、栄養を効率よく吸収しようと食べ物をより多く蓄えようとします。これが脂肪となってしまうのです。

ホメオスタシスが機能するため

ホメオスタシスとは体温や血圧が一定に保たれるように、身体が現状を維持しようとすることです。

特に、1ヶ月に体重の5%以上の減量した場合、続けていたダイエット法を止めてしまうと、リバウンドしやすくなります。

短期間で減った体重は水分だから

体脂肪1kgを減らすには、約7000kcalを消費する必要があります。1ヶ月で10㎏減らすには約7万kcal、1日にすると2,330kcalを消費する必要があります。

一日の平均的な摂取カロリーは成人女性だと1,800kcal程ですので、絶食しても達成できません。また、運動だとジョギング5時間分に値します。

人の身体は60~70%が水分です。その水分が減れば体重は少なくなります。お風呂に入る前と後で体重が変化しますよね?あれも水分が少なくなったからです。

「水分でもいい、体重が減って嬉しい」と思ったこと、私はあるんですが、とんでもない間違いでした。赤ちゃんは身体の70~80%が水分です。そう、お肌が干からびてしまう!無理なダイエットをするとなんだか老けたように見えるのはそうゆう理由もあります。

リバウンドしないための対策は?

月に1~2㎏の無理のないダイエット

月に1キロの減量であれば、一日233kcal減らせば達成できます。10キロは2330kcal減らす必要があったので1/10ですね。これなら無理のないペースでダイエットができます。

1日3食バランス良く食べる

朝食を食べると基礎代謝がアップします。また、夕ご飯はできるだけ早めに食べるようにします。

エネルギーになる栄養を摂取する

食べたものを効率よくエネルギーにするビタミンやミネラルを積極的に摂取します。野菜類・きのこ・こんにゃく・豆類・海藻などは、老廃物を除去する食物繊維が多いうえに低カロリーなので、ダイエットにおすすめの食材です。

体脂肪を燃焼させる

体脂肪を燃焼するにはウォーキング・ジョギング・水泳・サイクリングなどの有酸素運動が効果的です。

 

筋肉をつけて太りにくい体質に!

筋肉をつけると基礎代謝が増加するので、痩せやすい体になります。脂肪を燃焼させる有酸素運動に加え、筋トレの無酸素運動を加えるとより太りにくい体質に変わります。

まとめ&感想

月に1~2㎏の減量はもどかしさもありますが、急激な減量でリバウンドしてしまうよりも着実に減らすことができます。

ずっと続けることができるダイエット法は健康法でもありますね!

ゆめ
ゆめ

最後までご覧頂き、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました