ストレスで太る理由と5つのストレスケア

40代女性ダイエット

情報があふれ、SNSなどでの人間関係の疲れなどストレスを感じやすい人が増えています。精神的にきつかった時に甘いものを食べすぎてしまったり、お酒を飲み過ぎてしまったり、することはありませんか?今回はストレスで太る理由やダイエットにも効果的なストレスケアをご紹介します。

スポンサーリンク

ストレスで太る理由

ストレスを感じるほど太りやすくなるといわれています。その理由はストレスが高まるにつれてストレスホルモンのコルチゾールの分泌が高まるためです。

コルチゾールが分泌されると、セロトニンの分泌が減少することが分かっています。セロトニンは食欲を抑える働きがある脳内ホルモンであるため、分泌が低下すると食欲が増進してしまいます。

また、コルチゾールには脂肪の合成を促進する働きがあり、分泌が高まることによって体脂肪が多く蓄積されるようになります。

コルチゾールには、成長ホルモンの分泌を抑制する作用があるため、筋肉の増強を妨げ、代謝が低下して脂肪が燃焼しにくくなることもあげられます。

セロトニンは、「幸せホルモン」ともよばれているホルモンです。安心感や、リラックス効果をもたらします。セロトニンの分泌が減ってしまうと、いつもよりもイライラしたり、悲観的になってしまうこともあります。

ストレス太りしやすくなる原因

ストレス太りしやすい一番の原因は仕事上でのストレスといわれていますが、人によってストレスの感じ方は様々です。

また、ストレスを感じる大部分は人間関係にあり、仕事上では上司や同僚との人間関係だけでなく、クライアントや接客時、家族同士の考え方の違いや友人同士の言い合いや嫉妬などがあげられます。

人間関係以外のストレスでは、時間に追われることが一番で、自分の時間がない、ノルマまでの期限が迫っている、などがあげられます。

また、金銭トラブルやダイエット、睡眠不足もストレスの原因となります。

5つのストレスケア

ストレスの原因を取り除くのが一番ですが、そう簡単に解決できる問題ではないことが多いです。そのため、問題の解決を進めるのはもちろんなのですが、ストレスケアをしながらリフレッシュすることが大切です。

ここからは、ストレスをためこまないためのストレスケアをご紹介します。

ストレスケア①自分自身と向き合う

あなたの心をザワザワさせているものは何か?ストレスの原因と向き合うことで、問題を解決し、ストレスが無くなれば何よりです。ストレスフリーに生活するためには、人の顔色ばかりを伺わず、自分の気持ちを大切にすることです。

ストレスケア②リラックスする時間を作る

ぬるめの湯船にゆっくり浸かる、音楽を聴く、アロマを焚く、映画を観たり、掃除をする、または趣味など自分の好きなことをする時間を作ることで、ストレスを軽減できます。

ストレスケア③生活リズムを変えてみる

疲労感を感じる場合は日ごろの生活リズムが崩れてしまっている場合があります。一番影響が大きいのは睡眠時間です。出来るだけ同じ時間に寝て起きるを繰り返すこと、また体調が良いと感じる睡眠時間を確保することで、目覚めスッキリ、快適な朝を迎えることができます。

英キングス・コレッジ・ロンドンでの最近の研究で、睡眠不足だと、平均で1日385キロカロリーを余計に摂取することが分かったそうです。

参照英キングス・コレッジ・ロンドンでの最近の研究

ストレスケア④食生活を見直す

ストレスを感じると食べたくなるのが甘いものですね。食べてはいけないと思うと余計食べたくなるので、低カロリーだけど甘みの感じるものを食べると気持ちが落ち着くことがあるので、試してみてください。

また、甘いものを食べすぎてしまって、落ち込んだり、後悔することもストレスになります。食べてしまったら運動すればカロリーを消費できるので、運動すると良いですよ。運動するのが苦手な方は掃除や庭の手入れなどをするとカロリーを消費できます。

パントテン酸

下記の食品には精神を落ち着かせる効果や、癒やしをもたらすパントテン酸が含まれており、ストレスに対抗する働きがあります。

鶏レバー、豚レバー、牛レバー、うなぎ、糸引き納豆、卵の卵黄、いわし

ビタミンC

ストレスを感じ続けると、ビタミンCは大量に消費されてしまいます。そのため、ビタミンCを補うことでストレス太りを解消することができます。

下記の食材には豊富なビタミンCが含まれています。

キウイ、ブロッコリー、いちごなどの野菜や果物類

セロトニン

セロトニンは安心感・リラックス効果があります。
下記の食材にはセロトニンを増やすはたらきを持っています。

赤身魚(まぐろ、かつおなど)、納豆、しょうが、にんにく、とうがらし、乳製品

ストレスケア⑤適度な運動をする

また、セロトニンは幸せホルモンとも呼ばれていて、太陽の光を浴びたり、好きな人と過ごしたり、腸の環境を整えることでも分泌が活発になります。

太陽の光を浴びて、深呼吸し、5分以上の運動をすることで、代謝も良くなります。

まとめ&感想

ダイエットは食事制限や筋トレが中心ですが、ストレスケアは本当に大切だと思います。無理な食事制限はストレスになり、逆に太りやすい体質になってしまいがちです。

ストレスを感じていない方でも知らず知らずのうちに心や体がストレスを受けている場合もありますので、日々ストレスケアに取り組むのはおすすめです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました