らでぃっしゅぼーやの有機野菜「さつまいも」を美味しいレシピで調理してみました!

有機・低農薬野菜&無添加食品を定期宅配サービスで自宅まで届けてくれる「らでぃっしゅぼーや」の定期便、ぱれっと「しきさい」が届きました。

今回「しきさい」に含まれていたさつまいもを調理してみました。

甘みが強くても低カロリーで食物繊維が豊富な美容野菜のさつまいも。

さつまいもにはどんな栄養価があるのか、またどんな効用があるのかも含めて、レシピと共にご紹介します。


スポンサーリンク



らでぃっしゅぼーやの有機野菜「さつまいも」を美味しいレシピで調理してみました!

「らでぃっしゅぼーや」の定期便、ぱれっと「しきさい」が届きました。

 

そちらについての詳細はこちらでご紹介させて頂いてますので、ご覧になってくださいね。

有機野菜の宅配らでぃっしゅぼーやの多品目セットしきさいの中身は?

 

今回は「しきさい」の中からさつまいもを調理したいと思います。

さつまいもの栄養価

さつまいもの起源はペルーなどの熱帯アメリカ地域で栽培されていたものをコロンブスがヨーロッパに伝えたといわれます。

日本へは1615年に長崎に上陸し、その後鹿児島(薩摩)で栽培が始まり、広まったことから「薩摩いも」と呼ばれるようになりました。

デンプン質が多く、甘みが強いのでカロリーが高いと思われがちですが、ごはんの約0.8倍と、それほど高くはありません。

また、さつまいもはりんごの約5倍以上のビタミンCを含んでいます。デンプン質に守られているので、加熱してもビタミンCが壊れにくいところも特徴です。

腸の動きを活発にして老廃物などの排出を促す食物繊維は、生活習慣病の予防にもなります。この食物繊維がさつまいもには豊富に含まれています。

また、切り口から出る白い液緩下(かんげ)樹脂成分のヤラピンには便をやわらかくしてくれる働きもあります。

さつまいもの保存

寒さに弱いので、乾燥しすぎないように紙袋に入れ、通気性のよい環境において保存します。

カットしたものは、切り口をラップでぴったりとおおい、冷蔵庫に入れて保存した方が良いですが、その際も早めに使い切りましょう。

美味しいさつまいものポイント

・でこぼこが少なく、ハリがある。

・皮のつやが良い。

・中央がふっくらと太いもの。

らでぃっしゅぼーやから届いたさつまいもはこのように土つきで届きました。

茨城県産のさつまいもです。

どのポイントもクリアーしていました。

 

では、こちらのさつまいもを使って、さつまいものきんぴらを作っていきたいと思います。



さつまいものきんぴら

材料

さつまいも:400g
サラダ油(炒め用):大さじ1.5
●はちみつ:大さじ2
●みりん:大さじ2
●酒:大さじ2
●水:大さじ2
●しょうゆ:小さじ2
黒いりごま:少々
作り方
①●の調味料を合わせます。
②さつまいもを薄切りにしてから、5ミリほどの細切りにしていきます。
③②のさつまいもを水にさらします。
④フライパンにサラダ油を入れ、水気を切ったさつまいもを炒めます。
⑤さつまいもの色が濃い黄色に変わったら、火が通ったのを確認します。
⑥合わせておいた①の調味料を加え、煮詰まったらゴマを加えます。

では、作っていきましょう!

まずは、調味料を混ぜ合わせます。
さつまいもを5ミリくらいの薄切りにします。
それを細切りにしていきます。
 
 
 
細切りにしたさつまいもを10分くらい水にさらします。
アクが強いので、アク抜きと変色を防ぐ意味でも水にさらした方が良いです。
 
 
フライパンにサラダ油を中火で熱し、よく水気を切ったさつまいもを炒めます。
 
濃い黄色変わったら、火が通っているか確認します。
この時味見してみましたが、すごく甘かったです。
 
 
 
混ぜ合わせておいた調味料を加え、煮詰めます。
 
 
最後に黒ごまを加えます。
 
 
 
器に盛ったら完成です。
 
 
お味ははちみつが入っているので、大学芋のちょっとあっさりした感じです。
さつまいも自体の甘みがとても強かったので、油で揚げてフライドさつまいもにしても美味しかったかなと思います。
今度さつまいもが届いたら、作ってみようかな。
 

最後に

今回のさつまいもは茨城県産で農薬は使われていません。
 
スーパーで販売されているさつまいもの残留農薬が気になる場合は表面を数回こすり洗いすればほぼ落ちます。
この時、くぼみにある泥もよく落とします。
 

 

有機・低農薬野菜に関心のある方は、おためしセットの内容をご覧になってみてくださいね。
 ↓ こちらからご覧になれます
 

らでぃっしゅぼーやのおためしセット

スポンサーリンク



コメントを残す