らでぃっしゅぼーやの有機野菜「かぶ」を美味しいレシピで調理してみました!

有機・低農薬野菜&無添加食品を定期宅配サービスで自宅まで届けてくれる「らでぃっしゅぼーや」のおためしセットを購入したので、かぶを調理してみました。

春の七草としても知られる「すずな」はかぶのことです。

かぶはどんな栄養価があるのか、またどんな効用があるのかも含めて、レシピと共にご紹介します。


スポンサーリンク



らでぃっしゅぼーやのかぶを美味しいレシピで調理してみました!

「らでぃっしゅぼーや」のおためしセットを購入しました。

そちらについての詳細はこちらでご紹介させて頂いてますので、ご覧になってくださいね。

 

「らでぃっしゅぼーや」のお試しセットを購入してみた!

 

今回はおためしセットの中からかぶを調理してみたいと思います。

 

 

かぶの栄養価

かぶには消化酵素アミラーゼを含んでいます。このアミラーゼは大根にも含まれています。

デンプンを分解する働きがあるので、胃もたれや胸やけに効果があります。

他にも根の部分にはビタミンCやカリウムなどを含みますが、水分がほとんどです。

葉の部分はβ-カロテンやビタミンB₁、B₂、C、鉄分やカルシウムなども含み、栄養が豊富です。

かぶは葉の方が栄養価が高いのです。

かぶの葉は黄色くなっても食べられるの?

実は今回、お試しセットが届いてから、そのままの状態で保存してしまったので、かぶの葉が黄色く変色してしまいました( ノД`)

かぶは葉が水分や養分を奪ってしまうので、届いたらすぐ根と葉を切り分けておかなければいけません。

黄色くなった部分は取り除いて食べてくださいね。

葉は鮮度が落ちやすいので届いたらすぐ塩茹でし、水気を絞って冷蔵または冷凍するのがおすすめです。

冷蔵だと2~3日、冷凍だと一ヶ月くらいもちます。



 

気を取り直して、作っていきましょう!

かぶとチキンのクリーム煮

今回はクリーム煮を作っていきたいと思います。

ちょうどコストコで購入した鶏の丸焼きの「ロティサリーチキン」の残りがあったので、クリーム煮に使用しました。

その時家にあるもので作ったゆるい感じのレシピですが、これからもこんな感じかもしれません^^;

材料

かぶ:3個

かぶの葉:適量

ロティサリーチキン:適量

塩・こしょう

ホワイトソースの材料

バター:50g

小麦粉:50g

牛乳:500㎖

作り方

①ホワイトソースを作っていきます。鍋にバターを入れ、溶けたら小麦粉を一度にいれます。

②泡だて器でよく混ぜながら小麦粉とバターがよく混ざるまで中火で粉っぽさがなくなるまで炒めます。

③牛乳を4~5回に分けて加えます。その都度しっかり混ぜます。

④最後に焦がさないように気をつけながら、フツフツと沸かしてよく火を通します。

 

まずはホワイトソースから作ります。

バターをフライパンで温め、溶かします。

こんな感じでバター全体が溶けたら

こんな感じで一度に小麦粉を入れます。

 

泡だて器で混ぜていくとだんだんまとまってきます。

そこに牛乳を加えると最初はこんな感じで水分が少ないので、練るような感じです。

牛乳を全て加えると、とろりとしたホワイトソースが完成です。

 

次にかぶを6等分に、葉を3cmくらいに切ります。

かぶや葉を1分くらい炒めます。

ロティサリーチキンも加えて塩・こしょうをします。

ロティサリーチキンにも味がついているので、軽く味付けしました。

材料をホワイトソースの中へ・・・

よく混ぜたら完成です。お好みでチーズをのせても美味しいです。

さっそく試食してみたいと思います。

食べるとかぶの水分と味が感じられて美味しいです。

かぶの瑞々しさが伝わってきました。

葉の部分はシャキシャキしています。私はこのくらいが好きですが、子供はもう少し煮込んだ方が好みだったようです。

ホワイトソースもしつこくなくて食べやすいです。

 

 

 

最後に

いかがでしたか?

瑞々しくて本当に美味しいかぶでした。

かぶの皮の下には食物繊維やビタミンCが多く含まれています。皮をむかずに調理したり、皮を別の料理に使いたいところですが、農薬が心配な場合は皮をむいて捨ててしまった方が安全です。

今回らでぃっしゅぼーやのおためしセットのかぶは全く農薬を使っていなかったので、安心して皮も食べれますね。

 

有機・低農薬野菜に関心のある方は、現在のおためしセットの内容をご覧になってみてくださいね。

 

らでぃっしゅぼーやのおためしセット

スポンサーリンク



コメントを残す