らでぃっしゅぼーやの有機野菜「ねぎ」を美味しいレシピで調理してみました!

有機・低農薬野菜&無添加食品を定期宅配サービスで自宅まで届けてくれる「らでぃっしゅぼーや」の定期便、「ぱれっと10選」が届きました。

今回「ぱれっと10選」に含まれていたねぎを調理してみました。

免疫力を高め、風邪に効果のあるねぎ。

ねぎにはどんな栄養価があるのか、またどんな効用があるのかも含めて、レシピと共にご紹介します。

掲載レシピ

・唐揚げネギダレ


スポンサーリンク



らでぃっしゅぼーやの有機野菜「ねぎ」を美味しいレシピで調理してみました!

「らでぃっしゅぼーや」の定期便、「ぱれっと10選」が届きました。

「ぱれっと10選」は基本のコースで、10種類の野菜と1~2種類の果物を組み合わせたセットです。

 

内容についての詳細はこちらで紹介させて頂いてますので、ご覧になって下さいね。

有機野菜の宅配らでぃっしゅぼーや「ぱれっと10選」の中身は?第二弾!

 

 

今回は届いた「ぱれっと10選」の中からをねぎ調理していきたいと思います。

ねぎの栄養価

ねぎの白い部分にはねぎ特有の香りと辛みの成分硫化アリルやビタミンCが含まれています。

硫化アリル

消化液の分泌を促し、食欲の増進や消化を促進するといわれています。

また、辛みには身体をあたため、血行を促進してくれる効果もあります。

さらに抗菌・殺菌作用もあるので、かぜの予防にもなります。

 

ビタミンC

皮膚の老化を防ぎ、細胞を活性化させる抗酸化ビタミンです。

 

緑の部分にはカルシウムやβ-カロテン、ビタミンKなどが含まれています。

カルシウム

丈夫な骨や歯をつくり、筋肉や神経の機能、ホルモン分泌を調節してくれます。

β-カロテン

β-カロテンは体内でビタミンAに変換されます。

ビタミンAは目、のど、鼻、粘膜を健康に保ち、皮膚を丈夫にしてくれます。

ビタミンK

血液凝固作用のある止血ビタミンです。丈夫な骨づくりにも役立ちます。

ねぎは豚肉の食べ合わせがおすすめなわけは?

ねぎの香りの成分硫化アリルは体内で分解されるとアリシンという物質となり、ビタミンB₁の吸収を高める働きがあります。

そこで、ビタミンB₁を豊富に含む豚肉と合わせるのがおすすめです。特に疲労回復や睡眠改善などに効果があります。

生で使う時は水にさらすといい!

薬味など生で使用する際は、小口切りや千切りなどにしてから、水にさらすと辛みが和らぎます。

しかし、辛み成分の硫化アリルも水に溶けだしてしまうので、水にさらすのは5分程度が良いです。

ねぎの美味しいポイント

・光沢のある白い色で緑と白の差がはっきりしているもの。

・葉先から根元まで弾力があり、指でつまんだ時にフカフカしていないこと。

らでぃっしゅぼーやのねぎはどの条件もクリアーしていて、新鮮で見た目にも美味しそうなねぎでした。

こちらを使って、「ねぎダレのせ竜田揚げ」を作っていこうと思います。



ねぎダレのせ竜田揚げ

ねぎダレ材料
長ネギ:1本
醤油:大さじ2
酒:大さじ1
砂糖:小さじ1
レモン汁:小さじ1
酢:小さじ2
ごま油:小さじ1
竜田揚げ材料
鶏もも肉:2枚
片栗粉:適量
作り方
①長ねぎをみじんぎりにする。
②調味料を耐熱容器に混ぜ合わせ、①の長ねぎを合わせる。
③電子レンジで10~20秒くらい加熱してから冷ましておく。
④鶏肉を食べやすい大きさに切り、片栗粉をまぶす。
⑤中火でカラリと揚げる。
⑥竜田揚げを器に盛り、ねぎダレをかけたら完成。
ネギの辛みもなく、さっぱりとしていて、美味しかったです。

最後に

今回の長ねぎは長崎県産のものです。

農薬使用は「菌2 虫2」

殺菌剤が成分数で2、殺虫剤が成分数2使われたことになります。

一般的に流通している長ねぎは23回も農薬が使用されているものもありますので、それと比べるとらでぃっしゅぼーやの長ねぎはかなり農薬の使用を抑えてあると思います。

残留農薬の多い外皮ははがしてから出荷するところも多いです。また、ご家庭で外皮をむいてから使用するとさらに安心ですね。

ねぎを刻んだ後で数分間水にさらすと農薬が落とせるのでお試しください。

 

らでぃっしゅぼーやは有機野菜、低農薬野菜の宅配サービスを行っています。

まずは、一度しか注文することのできないお得なおためしセットがおすすめです。

良かったら↓をチェックしてみて下さいね。



スポンサーリンク



コメントを残す