ごぼう茶の効能や作り方・痩せるってほんと?

古くは薬用として利用されていたごぼうは食物繊維が豊富なことでも有名ですが、そのごぼうから作られた「ごぼう茶」は

数年前にテレビで取り上げられてから、「20歳若返る」「お通じが良くなって痩せた」などの口コミがたくさん上がっています。

今回はごぼう茶の人気の秘密やごぼう茶の効能や栄養などについても詳しくご紹介します。

「ごぼう茶の効能や作り方・痩せるってほんと?」の続きを読む…

れんこんの効能や栄養を引き出すレシピ

れんこんはハスの地下茎を食用とするもので、シャキッとした食感が楽しめます。

切るとどんどん黒ずんできてしまい、酢水に浸けるなど白く保つ手間はかかりますが、煮物には欠かせない食材。

また、最近では花粉症の緩和に効果があることが分かっています。

今回はれんこんの栄養や効能、栄養を引き出すレシピなどをご紹介します。

「れんこんの効能や栄養を引き出すレシピ」の続きを読む…

白菜の効能や栄養を逃さない調理法

冬の食卓によく登場する、鍋には欠かせない白菜。約95%が水分でなのでヘルシーでカロリーも低いのですが、バランス良く栄養素を含んでいるので人気も高いです。

ただ、食べ方や調理法によって摂取できる栄養価が変わります。

今回は白菜に含まれる栄養や効能、栄養をうまく摂取するための料理方法などについてご紹介します。 

「白菜の効能や栄養を逃さない調理法」の続きを読む…

ほうれん草の保存方法を写真付きで紹介!忙しい朝にもサッと使えて便利!

冬が旬のほうれん草ですが、いまやスーパーで一年中買うことができる食卓になくてはならない野菜ですね。

彩りも良くなるのでお弁当にも大活躍の栄養価の高い緑黄色野菜です。

ほうれん草というと、貧血予防に効果があることが広く知られていますが、他にもたくさん体に良い効能があります。

今回はほうれん草の栄養価や効能、栄養を逃さない食べ合わせや調理法、おすすめレシピなどをご紹介いたします。

トマトの保存方法!冷蔵・冷凍・解凍・調理例まで写真付きで説明

リコピンが豊富に含まれているトマト。

西洋では「トマトの時期に下手な料理はない」ということわざがあるほど、味が濃く、料理のベースとしてもよく使われます。大好きなトマトですが、購入してもすぐブヨブヨになってしまいます。

今回はトマトの冷蔵、冷凍の保存方法や解凍方法、冷凍トマトの調理法、効能栄養、鮮度の良いトマトの選び方などをご紹介します。

「トマトの保存方法!冷蔵・冷凍・解凍・調理例まで写真付きで説明」の続きを読む…

カリフラワーの保存方法!冷蔵・冷凍・解凍・活用例まで写真付きで説明

カリフラワーはビタミンCがキャベツの2倍含まれている抗酸化力が高い野菜です。

しかも、このビタミンCは熱による損失が少ないので、肌を美しくしたい方には特におすすめです。

ただ、変色しやすいので注意が必要です。

一番のおすすめは冷凍保存です。解凍方法に注意点がありますが、食感も良かったです。

それでは、カリフラワーを長持ちさせる保存法をご紹介します。

「カリフラワーの保存方法!冷蔵・冷凍・解凍・活用例まで写真付きで説明」の続きを読む…

オクラの保存方法!冷蔵・冷凍・解凍・調理例まで写真付きでご紹介

健康野菜として近年人気が高まっているオクラは独特のねばりが特徴です。輪切りにすると五角形になる五角オクラが主流ですね。見た目も可愛いです。夏バテ防止にもなり、食欲もアップするので、夏に人気の野菜ですが、傷みやすいのが難点です。

購入したら早めに食べるのが一番ですが、野菜宅配などはまとめて野菜が届くので、どうしてもすぐには食べきれないという方もいらっしゃると思います。そこで、オクラの鮮度をできるだけ長持ちさせる保存方法や栄養・効能・調理例などをご紹介します。

「オクラの保存方法!冷蔵・冷凍・解凍・調理例まで写真付きでご紹介」の続きを読む…

空芯菜はどんな味?栄養価は?おすすめのレシピは?

空芯菜は中国料理で青菜炒めとしてよく使われる野菜です。

しかし、日本の食卓にはあまり馴染みがないかもしれません。

私もそうだったのですが、有機野菜の宅配サービス「らでぃっしゅぼーや」に加入してから、たまに「空芯菜」が届くようになりました。

最初は馴染みのない野菜に躊躇していたのですが、今ではスッカリその魅力に引き込まれています。

今回は空芯菜の味や栄養価、おすすめのレシピをご紹介します。

「空芯菜はどんな味?栄養価は?おすすめのレシピは?」の続きを読む…

とうもろこしの芯やひげは食べられる?美味しい活用レシピをご紹介!

とうもろこしは甘くて美味しいですよね?

とうもころしは野菜にしては高カロリーですが、腹持ちがよく、たんぱく質、脂質、糖質の三大栄養素を含む栄養価の高い美容野菜です。

しかし、とうもろこしは実の部分だけを食べて、芯の部分は食べない方が多いと思いますが、食べることはできるのでしょうか?

実は芯やひげは活用することができるんですよ。今回はとうもろこしの芯やひげの活用レシピをご紹介します。

「とうもろこしの芯やひげは食べられる?美味しい活用レシピをご紹介!」の続きを読む…